2011年05月11日

またしてもパグとプードル、誠文堂新光社の飼育本

昨日の記事でも書きましたが(プードル、パグに続き、『シュナウザー・ファン』の4冊目が発売)、誠文堂新光社から発売される本はパグとプードルに集中しています。書店をぶらついていると、またしてもこれらの本を発見。ホームページで確認したところ同シリーズでチワワもありました。

ヒミツのパグ飼育生活』(2011年4月21日発売)
ヒミツのプードル飼育生活』(2011年3月23日発売)
ヒミツのチワワ飼育生活』(2011年1月21日発売)

かわいいイラストで構成されている飼育本です。これ、企画背景が想像つきます。新たに写真を撮るとコストと時間がかかるので、編集部に蓄積された飼育ノウハウで作ってしまえ、というわけ。でも、適当な作りではなく、物語風で面白い構成になっています。

ところで、これを見ていたら今度映画化される『ツレがうつになりまして。』の細川貂々さんを思い出しました。彼女が書いたら、またそれはそれで面白い本ができそう。誠文堂新光社の方、企画してみませんか?

(関連記事)
「パグコレ」って何?
トイ・プードルと綾瀬はるかがカワイイ、「ルミックスFX77」CM
黒パグのジャケ写がカワイイ、クレイジーケンバンドの『いっぱい いっぱい』
犬のしつけ・飼育本、プードルが売れている理由
パグでもOK、体重10kgまで可能な犬用キャリーバッグ

posted by わん at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200407685

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。