2011年05月29日

はじめての室内犬飼い、トイレシートは「デオシート」がおすすめ

アマゾンで「はじめてのペットガイド」という特設コーナーがあります。以下、犬の部分だけを抜粋します。

・安心できる場所と暖かいベッド
・いつも新鮮な水を用意
・トイレトレーニングは根気よく!
・子犬のためのファーストカラー
・お散歩デビューはワクチン接種の後に
・キャリーバッグで社会科レッスン
・ハウストレーニングもキャリーバッグで

これらを読んでもっとも印象に残ったのがトイレです。室内で犬を飼うにあたって、相当な量の本を読んだので、すぐにしつけはできました。問題はトイレシートです。

最初はペットショップで薦められた安い商品を使っていました。いい匂いはするのですが、取り替える時にはビショビショでこぼれる始末。結局、1日に何枚も使うことになり、かえって高くついてしまうのです。

そこで、選んだのがユニ・チャーム ペットケアの「デオシート」です。オシッコをスポット吸収して、小さい面積で収めてしまうもの。取り替える時もこぼれることはありません。パッケージの総枚数は変わったりすることもあるのですが、値段は1300円を切ったら買い(M・レギュラーの場合)。これがわが家の定番品です。

(関連記事)
大型犬用のトイレシートは業務用が一般的?
犬の飼育費、1年でいくらかかる?
犬のトイレ(おしっこ、うんち)、行動やしつけ
犬のベッド、結局、年間通して使えるのは夏用
苦手な犬の爪切り、「電動爪やすり」という方法もあり

posted by わん at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。