2011年06月06日

犬よりも子役二人、『マルモのおきて』の視聴率が大変な状況

第7話を終了し、『マルモのおきて』の視聴率が大変なことになっています。以下、同枠の『JIN -仁-』と時間軸で比較してみました。

『マルモのおきて』⇔『JIN -仁-』
11.6%⇔23.7% 初回
休み⇔18.4%
12.9%⇔20.4%
12.3%⇔20.7%       
12.7%⇔20.8%
15.6%⇔18.8%
15.6%⇔18.8%
16.1%⇔18.7%

第5話で『JIN -仁-』から約2%の視聴者を奪い取ったようです。そして、第7話でその差は2.6%になりました。2011年春クールの連続ドラマにおいて、現時点の最新回だけを比較すると、この両者がトップを争っている状態です。

個人的には犬(ミニチュア・シュナウザー)がもっと牽引していくことを想像していましたが、最大の立役者は子役の二人、笹倉薫役の芦田愛菜と友樹役の鈴木福でしたね。

徹底的に真面目な『JIN -仁-』に対し、深刻なテーマを内包しつつもホンワカ・明るい雰囲気の『マルモのおきて』。出勤・登校前日の日曜日ですから、何となくリラックスする方向に流れているんでしょうか。『JIN -仁-』、危うし。

(関連記事)
『マルモのおきて』が好調だと、「サンゲツ」の売上がアップ!?
定番のレトリーバー、映画『ロック 〜わんこの島〜』が見たい!!
白いシェパードが活躍する映画『DOG×POLICE ドッグポリス』
『DEATH NOTE デスノート』監督作、『絆(きずな)−犬と生きる』で出演犬を募集
木村拓哉のドラマ『南極大陸』で樺太犬ブーム到来!?

posted by わん at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。